カテゴリー「未分類」の記事

いつ使う?どう使う?自動車保険との付き合い方が変わる

2014年9月15日 / 未分類

自動車保険は任意保険ともいわれ、いざというときのためにかける方が多い保険の1つです。主に事故の際に相手への補償や、自分の治療費などを補償してくれます。ただし、任意保険は年々掛け金が高くなる傾向があり、また、年齢による割増料金も増えてきていることから、任意保険をいつでも使えば良いということもなくなってきています。任意保険は保険料を等級によって割り引けます。等級は7から始まり、20まで1年に1つ上がります。また、事故などで保険金が支払われる場合は3つ等級が下がることになります。等級は保険料の割引なので3つ下がると3年は割出な保険料を支払う必要が出てきます。事故の際、軽微な事故の場合は保険を使わずに処理する方も多くなってきています。例えば、10万円未満で修理が済むような場合は3年間の保険料アップよりも安く住むことが多いようです。自動車の任意保険は強制加入ではありませんが、事故による保障額は大金になることもあるためかけている方が多いようですが、保険を使うかどうかは事故の被害額で考えるという方が多いようです。また、保険によっては飛び石や落石の場合は保険金が支払われても等級を下げないということもありますので、保険の内容はよく把握しておくことが重要です

事故で保険を使った人は割高の等級を適用

2014年9月15日 / 未分類

自動車保険は万が一の事故があった場合にそこで発生した損害を契約の範囲内で保証するという契約です。そのため大きな問題を引き起こしてしまった場合には非常に頼りになるものなのです。しかしこの様な保証が全くのノーリスクで受けられるわけではありません。自動車保険の契約にはその対価が必要になりますが、何らかの保証を受けた場合には契約の等級と呼ばれるものが下がり、毎年支払う必要がある契約料金が割高になるケースがあるのです。
この仕組みを等級と言います。もしも契約のために必要な金額が10万円である場合、契約後保険請求が無い状態が長く続くと乙給が上がり、割引になっていきます。場合によっては半額以下の5万円や3万円で同じ保証を受けることが出来るようにもなるのです。しかし逆に問題を発生させて請求を行った場合にはリスクのある契約者であるということで等級が下がります。そうすると等級に連動して負担割合が高くなる仕組みになっています。初回契約時の金額が10万円だったとしても、等級が下がった場合には12万円の契約料が必要になることもあるのです。この等級は契約する会社を変えたとしても引き継がれるものですので、その評価から逃れることはできないのです。

保険を使った翌年の料金はどう変わる?

2014年9月15日 / 未分類

ビジネス・プライベートを問わず、私たちの生活の便利な足として欠かすことのできない自動車。
多くの人が自動車の恩恵を受けていますし、自動車関連の仕事をしている人も世の中には大勢います。自動車が無くなったら困る、という人は数えきれないほどいるでしょうし、私たちの日常生活に深く根付いていると言っても過言ではないでしょう。
そんな便利な自動車ですが、安心して乗るためには任意保険への加入が欠かせません。料金は決して安いとは言えませんが、万が一のことを考えた場合、しっかりとした補償をつけておきたいですね。

任意のものの場合、一般的にはノンフリート契約を結ぶこととなります。ノンフリートの場合、等級が1級から20級まであり、級が大きくなるほど料金が安くなります。
新規契約をした場合は6級からスタートし、1年間無事故だった場合、級が1つ上がり、事故を起こしてしまった場合は1つもしくは3つ級が下がり、翌年の料金に影響します。

事故を起こした場合、等級に大きく影響するものと影響しないものがあります。
対物事故や対人事故の場合などの場合は3等級ダウン、落書きやいたずら、台風や洪水などで車両金額を受け取った場合名などは1等級ダウン、人身傷害や原付バイク特約などの補償はダウンなし、いった具合です。

事故無等級の特徴

2014年9月15日 / 未分類

自動車保険は法人などのように自動車を複数台持っている場合を除いて普通の個人はノンフリート等級という制度が導入されています。この制度は新規に加入するときに6等級からはじめ、1年ごとに等級が上がっていくシステムです。
そして、加入者にとって大切なことは等級が上がるに従って割引率が上がることで、これはつまり保険料が安くなることを意味しています。しかし、年数が増えるに従って等級が上がるわけではありません。事故の有無が関係してきます。
事故無等級つまり事故を起こさなければ翌年は1等級上がりますが、事故を起こし保険金の支払いを受けたときは等級が下がります。そして、重要なことは等級の下がり方が事故内容によって変わることです。
例を幾つか紹介しますと、運転中に他人を死傷させたときは賠償保険が支払われますが、この賠償保険を使ったときは3等級下がります。例えば、6等級の人が3年間無事故で過ごしてきても事故を起こし賠償保険を使ってしまいますと、また6等級に戻ってしまうことになります。
等級が下がる事故には3等級下がるものと1等級下がるものと、据え置きといってそのままの事故があります。3等級下がるのは先ほどの賠償保険や自らの運転ミスにより車両保険を使った事故などがあります。
1等級下がるのは盗難で車両保険が使われた場合や車に落書きされて車両保険が使われた場合などです。据え置き事例としては人身傷害保険や搭乗者傷害保険を使った場合です。

事故有等級の特徴

2014年9月15日 / 未分類

2013年の自動車保険の保険料の改正によって、ノンフリート等級の割引率が変更されましたが、新たに「事故有等級」という制度が導入されました。今回の新制度では前年度に事故を起こして保険金が使用された場合、等級をダウンするだけではなく、割引率まで下がるようになっています。従って、同じ等級でも前年度から上がった人と、前年度から下がった人では保険料に差が出ることになります。

なお、新しい制度が導入された背景には平等に対する観念があります。つまり、同じ等級でも事故を起こす危険性の高い人は保険金を利用する可能性が高いことになり、また、保険金を使用した人としていない人が同じ金額を負担するのは不平等という考え方によります。そのため、同じ等級でも負担する保険料に差を付けることになりました。

例えば、17等級の人が保険を使ったことで3等級ダウンして14等級になると保険料の割引率は31%になりますが、無事故で14等級になった人は50%の割引が受けられるため、19%もの差が出ることになります。

さらに、新制度におけるペナルティは3年間継続されるため、今年無事故で15等級に上がっても通常の51%割引ではなく、33%の割引しか受けられません。従って、損傷の小さい事故の場合は保険を使わない方が得ということも起こり得ます。

新たな「事故有等級」とは

2014年9月15日 / 未分類

自動車保険には等級があり、初期契約時は6級からスタートし、1年間無事故であれば1級上がり、逆に事故を起こして保険を利用した場合には3級(または1級)下がる仕組みになっています。以前まではこの1~20級までの等級によって保険料の割増・割引が行われていましたが、2013年10月以降からこれに事故有等級が増え、同じ等級であっても事故の有無で保険料に違いが出るようになりました。
事故有は事故を起こして保険を使用したときに適用され、3級ダウンする事故であれば3年間、1級ダウンする事故であれば1年間継続します。この継続期間を事故有係数適用期間と呼びます。この期間中に再び事故を起こして保険を使用した場合、その事故に応じて3年、または1年が事故有係数適用期間に追加されますが、この期間の最大は6年になっています。
この制度の変更により、事故で保険を利用した際にこれまで以上に保険料の負担が大きくなるため、これによって増える保険料と損害賠償額のどちらが大きくなるか比較する必要があり、保険を利用しにくくなっています。
しかし、利用しにくいからと未加入でいると、万一大きな事故を起こした際に対応できなくなってしまうため、できるだけ加入しておいた方が良いです。

自動車保険のノンフリート等級制度(改定前)

2014年9月15日 / 未分類

ノンフリート等級制度とは自動車保険で用いられている保険料割増割引制度のことで、等級に応じて割増や割引を受けることが出来るとする仕組みのことを言います。この等級自体は、他の保険会社から引き継ぐことが出来るもので、それによって保険料の額自体が変わってくる制度となります。

等級は1~20段階による区分に分かれており、保険契約期間中に事故が有ったか否かの事由によって等級が決まる仕組みになっています。この制度自体は、平成24年度10月1日以降に改定が行なわれ、以前は前契約の事故の有無に関係なく、同じ等級であれば同じ割増引率を実現していました。

改定後については、事故有係数適用期間があり、その期間内で事故有であると同じ等級であっても割増引率が異なってくることとなります。これによって、より事故を細分化させた形で保険契約者の負担を公平にしようとする取り組みがなされることとなったのです。

ちなみに大きな変更点としては、3等級ダウンの事故については改定前と一緒で変更しませんが、改定前の据え置き事故に相当した場合等級が据え置きされず、事故後に1等級ダウン事故と扱われるケースが設けられ、事故が有るか無しかによって差が出てくる仕組みになっております。

事故で保険を使えば翌年は保険料が上がる仕組み

2014年9月15日 / 未分類

仮に自動車保険に加入しながら、事故を起こしてしまった場合は翌年から保険料は値上げの適用を受けることになります。
これは、自動車保険の料金設定の仕組みがかなり個人の経歴や属性にかかわっているからです。

これは、現在の保険料の設定がドライバーの経歴や属性によって料金が設定されるという仕組みになっているからです。
ですので、仮にトラブルを起こしてしまった場合は、料金を決定するドライバー等級の下落につながり、保険料を高く支払わなければならなくなるのです。
これは、ペナルティーとしての要素もあります。

トラブルを起こしてしまったのであれば仕方ありませんが、なるべく安全な運転を心がけることが定期的な出費を抑える一番の近道なのです。
一度、起こしてしまったら3年間は割増料金を支払わなければなりませんのでドライバーの方は十分注意しましょう。

このように、現在の自動車保険はドライバーの経歴を非常に重視する仕組みとなっています。
その結果、一度でもトラブルを起こせばドライバー等級を引き下げることになりかねず、非常に割高な料金を支払わなければならなくなります。
なるべく、保険に掛る料金を安くするために、しっかりと安全運転を心がけるようにすべきでしょう。

等級制度の現状

2014年9月15日 / 未分類

自動車保険の保険料は、「ノンフリート等級」という等級制度によって割増や割引が行われてきました。これは、契約者ごとの事故のリスクを保険料に反映させるためのもので、原則として新たに自動車保険の契約をする場合には6等級から始まって、1年間無事故で保険金の支払い請求がないまま経過すれば、その翌年から等級が1段階アップし、最終的には20等級が頂点になるというものです。この制度については、2012年から新たな考え方のもとに新制度がスタートしており、以前のものに比べると、事故に遭ったときのペナルティがより大きくなっているというのが現状です。
従来の制度では、同じ等級であれば同じ保険料というのが原則的な立場でしたので、例えば新しく保険に加入したために6等級であるドライバーと、重大事故を起こして等級がダウンしたために6等級であるドライバーとが、同じ等級のなかで混在していました。当然ながら過去に事故を起こしたドライバーのほうが、次に事故を引き起こすリスクも高いとみられますが、無事故のドライバーと等級が同じであれば見分けがつきません。新制度では、20ある等級をさらに事故あり・なしで細分化し、保険料にも差をつけて、事故歴があるドライバーの保険料を割増としています。

TOPへ戻る