いつ使う?どう使う?自動車保険との付き合い方が変わる

2014年9月15日 / 未分類

自動車保険は任意保険ともいわれ、いざというときのためにかける方が多い保険の1つです。主に事故の際に相手への補償や、自分の治療費などを補償してくれます。ただし、任意保険は年々掛け金が高くなる傾向があり、また、年齢による割増料金も増えてきていることから、任意保険をいつでも使えば良いということもなくなってきています。任意保険は保険料を等級によって割り引けます。等級は7から始まり、20まで1年に1つ上がります。また、事故などで保険金が支払われる場合は3つ等級が下がることになります。等級は保険料の割引なので3つ下がると3年は割出な保険料を支払う必要が出てきます。事故の際、軽微な事故の場合は保険を使わずに処理する方も多くなってきています。例えば、10万円未満で修理が済むような場合は3年間の保険料アップよりも安く住むことが多いようです。自動車の任意保険は強制加入ではありませんが、事故による保障額は大金になることもあるためかけている方が多いようですが、保険を使うかどうかは事故の被害額で考えるという方が多いようです。また、保険によっては飛び石や落石の場合は保険金が支払われても等級を下げないということもありますので、保険の内容はよく把握しておくことが重要です

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る