事故で保険を使えば翌年は保険料が上がる仕組み

2014年9月15日 / 未分類

仮に自動車保険に加入しながら、事故を起こしてしまった場合は翌年から保険料は値上げの適用を受けることになります。
これは、自動車保険の料金設定の仕組みがかなり個人の経歴や属性にかかわっているからです。

これは、現在の保険料の設定がドライバーの経歴や属性によって料金が設定されるという仕組みになっているからです。
ですので、仮にトラブルを起こしてしまった場合は、料金を決定するドライバー等級の下落につながり、保険料を高く支払わなければならなくなるのです。
これは、ペナルティーとしての要素もあります。

トラブルを起こしてしまったのであれば仕方ありませんが、なるべく安全な運転を心がけることが定期的な出費を抑える一番の近道なのです。
一度、起こしてしまったら3年間は割増料金を支払わなければなりませんのでドライバーの方は十分注意しましょう。

このように、現在の自動車保険はドライバーの経歴を非常に重視する仕組みとなっています。
その結果、一度でもトラブルを起こせばドライバー等級を引き下げることになりかねず、非常に割高な料金を支払わなければならなくなります。
なるべく、保険に掛る料金を安くするために、しっかりと安全運転を心がけるようにすべきでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る